コンタクトレンズの誕生と歴史

コンタクトレンズの誕生と歴史

コンタクトレンズの原理はレオナルド・ダ・ビンチが発見!

コンタクトレンズの歴史について述べて見ます。

コンタクトレンズは、今、日本でどれくらいの人が利用しているのでしょうか?

一説では、だいたい1500万以上だと言われています。

メガネをかけていない人の中にもに、実はコンタクトレンズを使用していた、という人がけっこう多いのではないでしょうか。

コンタクトレンズは、なぜこのように利用者が増えたのでしょうか?

それは、やっぱりメガネ(矯正用具として昔からあった)にはないメリットがたくさんあるからですよね。

もちろん、メガネにもコンタクトレンズにはないメリットがあります。

それで、一概に比較はできませんが...。

では、コンタクトレンズは、いったい、いつ頃に生まれたのでしょうか。

それが、なんと1890年ごろ...今から120年ほど前というから驚きです。

目の中にガラスで作ったレンズを入れる、という実験をスイスの眼科医がしたということです。

しかし、この勇気には脱帽!

コンタクトレンズを何年も使っていても、やはり目の中に異物を入れるのですから、その感覚は怖いものがあります。

でも、この先生は・・・・とんでもない発想ですね。

しかし、この先生おかげで今日のコンタクトレンズ、という名称も生まれたようです。

そして、それよりはるかに前の1500年頃に、レオナルド・ダ・ヴィンチが、すでにあることを発見しています。

それは、ガラスボールに水を入れて外を見ると物の形が変わって見える...このことを発見しています。

これが、今日のコンタクトレンズの原理だといえます。

また、そのヴィンチの発見から130年後には、デカルトがあることを調べています。

それは、ガラスレンズを目に合わせて屈折状態の変化を見るということです。

これらの実験を元に、便利なコンタクトレンズが誕生したのです。

やはり、天才は考えることが違います・・・。天才は偉大です!






※紹介している情報はできるだけ最新情報を掲載するように努めていますが、タイミングによっては変更されている場合もあります。詳しくは、各販売店のサイトに進んでお確かめください。


このページのTOPへ▲