コンタクトレンズの誕生と歴史…その2

コンタクトレンズの誕生と歴史…その2

プラスティック製のレンズ、ソフトレンズ、使い捨てレンズなどが登場!!

コンタクトレンズが発明されてから次第に普及してきましたが、さらに1930年代にはいると、プラスティック製のコンタクトレンズが開発されました。

プラスティックは、ガラスと比べると装用感がよくなります。

そして、長時間の装用が可能になりました。

開発当初のレンズは、現在のハードコンタクトと比べると、かなり大きかったようですね。

ハードコンタクトは技術の進歩によって現在のように小さくなりました。

また、レンズに酸素を通さなかった当初のものから、酸素透過性の高い現在のレンズへと変わっていきました。

そして、1970年代になると、ソフトコンタクトレンズも開発されます。

さらに利便性を求めて、今日の使い捨てレンズやカラーコンタクトレンズが開発されるのいたりました。

ちなみに、コンタクトレンズの使用者の内訳を見てみると…、

酸素を通さないハードコンタクトレンズ…これが一番利用が少ないです。

続いて、使い捨てコンタクトレンズ、通常のソフトコンタクトレンズの順で、一番多いのが酸素透過性のハードコンタクトレンズ…となります。

使い捨てのレンズは便利ですし、1日使い捨てのものは安全性も高いといえますが、まだまだハードにかなわないのは、もっぱら価格の影響によるといえそうです。





※紹介している情報はできるだけ最新情報を掲載するように努めていますが、タイミングによっては変更されている場合もあります。詳しくは、各販売店のサイトに進んでお確かめください。


このページのTOPへ▲