コンタクトレンズを安全で快適に使うための心得


コンタクトレンズを安全で快適に使うための心得…

コンタクトレンズを安全で快適に使いを続けるためには、いくつかの大切なポイントがあります。

あれほどコンタクトレンズを使い始める前には慎重だったのに、いざ使い始めたら、その使い勝手のカンタンさと便利さにだんだんと慣れてきて、気がつくと最低限のルールさえも守らないで、とうとう目のトラブルに悩まされる…そんなケースもたくさん見られます。

日ごろの体調や周囲の環境の影響などさまざまな要因によって、目の状態はいつも変化しています。
また、目に与える影響は、あなたが装着しているコンタクトレンズの種類によっても変わってきます。
そこで、大切な目を守るための重要なポイントをご紹介します。
このポイントをよく読んで、誤った理解や使い方がないように心がけましょう。

定期的にレンズの交換を忘れないようにしましょう!

快適にコンタクトレンズを使用するために、定期的なレンズの交換…使用するコンタクトレンズ毎に定められたレンズの交換期限…を忘れないようにしましょう。

1日使い捨てタイプのレンズなら毎日、1週間連続装用タイプのレンズの場合は、7日間(1週間)ごとに、新しいレンズと交換しましょう。

使用済みのレンズをケアして、もう一度使用したりすることはできません。
ここで注意しなくてはならないことは、2週間交換タイプのレンズの場合は、実際に使用した日数の合計ではないということです。
正しくは、ブリスターパックを開封した日から14日間(2週間)経過したあとに、新しいレンズに交換しなければなりません。

交換期限の過ぎたレンズは、思わぬ目のトラブルにつながりかねません。毎日のレンズケアでも落としきれない汚れが付着しています。
開封してから交換期限を過ぎたものは、使用回数・日数に関わらず、絶対に使用しないようにしましょう。

1日のレンズの装用時間を守りましょう!

コンタクトレンズを目に入れて使用する時間(1日の装用時間)は、コンタクトレンズの種類や使用する人の目の状態によっていろいろです。
終日装用のコンタクトレンズの場合は、1日12〜16時間が一般的な目安となります。

黒目の部分(角膜)には血管がありません。
でも、涙などを通して眠っている間も必要な酸素を取り入れています。
ですので、装用時間を守らないで使用すると酸素不足によって目の抵抗力が弱まります。
そして、長時間の酸素不足が続くと角膜内部の細胞数が減少してしまったり、感染症にかかりやすくなったりします。

これに反して、連続装用タイプのコンタクトレンズの場合は、眠っている間もレンズをつけたままにしておくことができます。
しかし、その場合でも、眼科医による検査を事前に受け、連続装用ができる目の状態かどうかを確認する必要があります。
その上で、眼科医の指示どうりに正しく使用する必要があります。
また、連続して装用できる日数には個人差があります。
眼科医から指示された日数は必ず守るようにしましょう。

含水率や酸素透過性などの数値だけを見て、自分の判断で装用時間を伸ばしたりすることはやめましょう。
目の状態には個人差があります。
必ず眼科医の診察を受けたうえで、医者の指示に従って、目に負担をかけないよう、必ず装用時間を守りましょう。

目に異常を感じたらすぐに眼科医の診察を受けましょう!

コンタクトレンズをつける前に、充血や目ヤニがないかなどを確認しましょう。
また、レンズを装着した後にも、見え方に異常や異物感がないかどうか確認しましょう。

付着物や目に見えないキズやなどがコンタクトレンズにあると、目に装用した時にゴロゴロしたり、痛みを感じたり、いつもと違う感じがします。
また、こうしたコンタクトレンズの異常ばかりでなく、結膜炎やものもらいなどの病気がある場合も、いつもと感じが違うことがあります。

異常を少しでも感じた時は、レンズをすぐに目からはずし、直ちに眼科医に相談するようにしましょう。






このページのTOPへ▲