老眼の治療と遠近両用コンタクト


老眼の治療と遠近両用コンタクトを考える…

老眼の治療と遠近両用コンタクトレンズの関係について考えて見ます。

だんだんと年齢を重ね、とうとう老眼に…。こうなると、まずは、困ったな…どうしようかと老眼の対処法を考えます。現在は、老眼の治療もいろいろ進んで、レーシックなど手術をして回復するという治療まででてきています。

しかし、角膜を削ったりして手術をすることに、とても抵抗があるという人はまだまだいると思います。

そんな、抵抗感のある人がまず考える老眼対処法はといえば、一般的にメガネ…老眼鏡だと思います。
しかし、これまた、メガネをかけることに抵抗感がある人もいます。

そんな方が、選んでいるのがコンタクトレンズだと思います。コンタクトは、外見を変えずに視力矯正ができます。

今と違って昔は、コンタクトレンズもあまり種類がありませんでした。しかし、現在では近視と老眼のどちらにもひとつのレンズで対応できるものとして、遠近両用コンタクトレンズが開発されています。それも、自然な目の動きで、遠くも近くもスムーズに見えるしくみのものが開発されています。

コンタクトレンズは視力を矯正するという点ではとてもいいと思います。しかし、デメリットももちろんあります。日常のこまめなお手入れが必要だと言うこと、メガネよりは調節の頻度をあげなくてはならないことなどがありますので、メリット・デメリットをよく考慮して選ぶようにしましょう。





※紹介している情報はできるだけ最新情報を掲載するように努めていますが、タイミングによっては変更されている場合もあります。詳しくは、各販売店のサイトに進んでお確かめください。


このページのTOPへ▲